ニュース

公益社団法人 日本総合書芸院があなたの書道技術を認定します。

五段位以下はどなたでも受験できます。
お申し込みは公益社団法人 日本総合書芸院事務局までご連絡ください。
後日受験要領をお送りします。

TEL0467-23-2100

応募締切:令和元年9月4日(金)

第62回展順延に伴う催しについて(予告)

【投稿日:2020年06月09日】

今年の夏の展覧会は、皆さまの安全を第一に考えて来年に順延することになりましたが、これは非常に残念なことであります。

私たちは、学生の皆さんの書道技術が向上することや、書道に対する意欲を持ち続けていただきたいと望んでおりますので、何とか、皆さんの発表の場がないかと研究しました結果、下記の概要のとおり催しを行うことにしましたので、あらかじめ概要をお知らせします。

尚、後日、実施要綱をお送りしますが、ご出品に向けて今から作品制作を開始してください。

 

<<実施概要>>

1(催名)「-コロナに負けるな― 明日に輝く書道大会」

2(出品資格)学生部(中学3年生以下)

3(作品の規格)縦67cm×横20cm(用紙の寸法)※日本総合書芸院展と同サイズ

4(課題)※今年の第62回日本総合書芸院展予定課題と同様。

学年 課題 字体
幼年(未就学児) せいか
小学1年生 つなひき
小学2年生 手ごたえ 楷書
小学3年生 決めわざ 楷書
小学4年生 国の代表 楷書
小学5年生 世界記録 楷書
小学6年生 文武両道 楷書
中学1年生 勇壮活発 楷書
中学2年生 真剣勝負 行書
中学3年生 国際交流 行書

5 (作品締切)令和2年日()<必着>一名につき一点のみ

6 (作品の毛筆での名前等の書き方)日本総合書芸院展同様(学年、氏名)※教室名は書かない。

7 (出品料)1名につき500円(税込)

8 (表装料)入賞者は、無料。入賞者以外で表装を希望される方は、3,000円(税込)で受け付けます。

9 (褒賞)日本総合書芸院大賞、理事長賞、準大賞、院賞で、賞状を授与。※賞数は別に定める。

10(展示)令和2年11月20日(金)~24日(火)(選抜展会期中、ゴールデン文具内)

11(中国交流派遣)上位賞に入賞された学生(例年2名~3名)は、学生訪中団招待派遣対象(例年3月中旬~下旬実施予定)になります。

お稽古の再開に向けて

【投稿日:2020年05月27日】

   4月8日に発出された「緊急事態宣言」が、5月25日ようやく解除されました。凡そ2ヶ月にわたり、不自由な生活が続きましたが、皆さんお疲れ様でした。

 まだまだ元の生活に戻れるには時間が掛かりそうですが、少し光が見えたようで、何となく心晴れます。
お教室も、空間や換気など、感染防止に努めながら、ゆっくりと再開しましょう。

 

第62回 日本総合書芸院展を順延します

【投稿日:2020年05月18日】

突如として発生した「新型コロナウイルスの感染拡大」と言う不測の事態は、未だ予断を許さない状況にあり、今後一時的に鎮静化が見えても、第二波、第三波の感染も懸念されています。

このような状況下において、予定通りの開催に漕ぎ着けるには、関係者の健康安全の確保が困難と考え、今夏に予定をしておりました「第62回展」を来年に順延することに致しました。

着々と準備を進め、いよいよ盛況な展覧会をめざして、一丸となって邁進しようと言う矢先、誠に無念であります。

殊に、学生部の最後年に当たる中学三年生の皆さんの事を想うと、まさに断腸の思いですが、皆さんお一人お一人の命と健康を守る事を最優先に考えた結果です。

なお、このコロナ騒動の今後の推移を見極めながら、書芸院展に代わるイベント開催を研究したいと考えていますので、何卒事情をご賢察のうえご理解賜りますようお願い申し上げます。

政府から新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発出を受け、下記のとおり教室でのお稽古の行い方を各教室に要請し、事務所の運営時間を変更しました。

1 各教室に指導(稽古)について、次のとおりお願いします。
(1) 当面4月のお稽古については、可能な限りお休みにすることを推奨する。
(2) お休みにする代わりに、宿題、添削レッスン等の自宅稽古をするなどの代替案を考える。
(3) お稽古場が先生の自宅である場合で、お稽古をする際は、必ず下記の注意点をふまえ、保護者の方と良く話し合った上で実施する。
① 教室に出かける前に体温の確認をしてもらう。
② マスクを着用してもらう。
③ 手指の消毒(教室で消毒薬を準備)または、手洗いをする。
④ 教室の十分な換気(窓を開けておき、風通しをよくしておく)をする。
⑤ おしゃべりは必要最低限にしてもらう。
⑥ 席ははなして座る。
⑦ 体調がすぐれない場合は、休ませる。
⑧ 出来るだけ少人数になるよう、分割(来室時間)して指導する。

※ 但し、緊急事態宣言の対象地域以外に所在する教室については、この限りではないが、自治体の感染者数等に注視し、各教室長が必要な対策を行うよう
にする。

2 <事務局の運営時間について>
当面4月中は、事務所運営時間を9:00~16:00にいたします。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

令和2年3月に開催を予定しておりました、「第24回舟芳書会習作展と書のつどい」展は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、令和2年秋開催に予定で延期になりました。
次期が近付きましたら改めてご案内申し上げます。

第48回 宝葉会展中止のお知らせ

【投稿日:2020年03月31日】

先にお知らせしました、第48回宝葉会展は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、予定していた会場での一般公開は中止となりました。

第56回 新春書道展のおしらせ

【投稿日:2020年01月28日】

日時:令和2年2月28日(金)から3月3日(火)まで
   午前10時から午後5時まで 但し初日は午後1時から 最終日は午後4時まで

会場:鎌倉芸術館ギャラリー

主催:公益社団法人 日本総合書芸院

代表:理事長 東山 右徹

後援:神奈川県教育委員会、鎌倉市、鎌倉市教育委員会、毎日新聞社、神奈川新聞社

☆学生部新年試筆優秀作品も展示します

令和元年度 文化講演会のお知らせ

【投稿日:2020年01月08日】

公益社団法人 日本総合書芸院では、毎年、どなたでもご参加いただける書道に関する文化講演会を開催しております。
今回の文化講演会は、情熱大陸などのテレビ番組に出演されている、製硯師の青栁貴史先生を講師に迎え、開催します。

テーマ:「硯の中の地球を歩く」

日 時:令和2年2月16日(日)
    午後2時から午後3時30分(会場午後1時30分)

会 場:鎌倉商工会議所 地下ホール

講 師:青栁貴史先生(青栁派四代目製硯師 大東文化大学講師)

参加費:無料

定 員:先着150名

受 付:令和2年1月15日(水)から ※定員になり次第締め切ります。
※受付時間は、月曜日~金曜日の午前9時30分から午後4時30分まで

後 援:鎌倉市、鎌倉市教育委員会

申 込:公益社団法人 日本総合書芸院に電話またはFAXでお申込みください。

電 話:0467-23-2100

FAX:0467-23-2102

第39回 選抜展のお知らせ

【投稿日:2019年11月10日】

第39回公益社団法人 日本総合書芸院選抜展が開催されます。
本院の役員と本年の日本総合書芸院展の優秀賞者による作品展です。
是非ご高覧ください。

日時:令和元年11月22日(金)から11月26日(火)まで
   午前10時から午後6時まで 但し最終日は午後4時まで

会場:ゴールデンギャラリー(中区桜木町1-1 ぴおシティー3階)

後援:毎日新聞社 神奈川新聞社 神奈川県 神奈川県教育委員会 鎌倉市 鎌倉市教育委員会

主催:公益社団法人 日本総合書芸院

入場無料